一級建築士資格独学散歩道

一級建築士資格取得までの道のりを散文的に綴ります。

【寄り道】プログラミングな独学のすすめ(その2)

 令和元年の一級建築士学科試験も無事終了した。やっと小職にも寄り道をする余裕ができたのである。会社帰りにちょっと本屋さんに寄り道をする。みなさんも本屋に寄り道をすることがあるだろうと思う。本屋に行くと、その時代の趨勢が背表紙から読み取れるのである。

 

 その日、私は最寄りの本屋に立ち寄り、そしてコンピュータ関連書籍のコーナーに寄り道したのである。その本屋は割と技術系の書架が充実していて、コンピュータ関連の書架は奥行7メートルほどの通路の両側を占める。その半分ほどをプログラミング言語の書籍で占められている。
 やはりjava本がもっと多い。ジャバジャバである。しかしRubyとPythonのタイトル本もそれぞれ2から3段ほどの棚を占有している。これはごく普通の本屋の風景なのであった。ところが、最近はそこに変化が表れている。Pythonそのものの教本よりも「人工知能」や「データ解析」など、目的的なPython教本が増えているのであった。「PythonDjangoでウェブサーバ」「Pythonで人工知能(機械学習)」「Pythonによるデータ解析」。これは少し不思議なプログラミング言語本の背表紙風景なのであった。
 
 さて、前回はPythonでプログラミング言語を学ぶための書籍「独学プログラマー」を紹介した。

www.papigani.com

  もちろん独学流一級建築士を目指す私も独学つながりで一通りPythonを学習してみたのである。プログラミング言語と建築技術というのは独学できるという共通点をもつのだ。しかし、一つ大きな違いがある。プログラミング言語は実は技術ではなく言語である点である。人類は古来技術を培い、そしてその技術を「言葉」を使って継承してきたのである。つまり、言語はメタ技術といってよいと思う。

 プログラミング言語は言語である。この言語は人間とコンピュータが会話をするために生まれたのである。そして言語である以上は、実際に会話をしなければ上達しない。プログラミング言語による会話の相手は常にコンピュータなのであった。これが、小職のような人間嫌いの元祖オタクにはうってつけなのだ。さて、どうやって会話を始めるかというと、まずは挨拶をするのである。
  • print("Hello world!")
 実はほとんどのプログラミング言語の教本がこの1行を最初に紹介する。そのことがあまりに有名になりすぎて、最近では小説のタイトルになっているほどである。
ハロー・ワールド

ハロー・ワールド

 

  しかし、キーボードから「print("Hello world!")」と打ち込んでも会話は始まらない。コンピュータに通じるように会話を始めるためには人間の側がまずコンピュータの耳元でささやく必要があるのだ。そして、Python語で話ができるコンピュータは限られている。そのコンピュータの中にPython言語が理解できるアプリケーションが居なければならない。Python言語を理解できるアプリケーションのうち、もっとも気さくなのが「Anaconda」というアプリケーションである。Anacondaとの会話は「Spyder」という場所で行う必要がある。その場所はこんな形をしているのである。

f:id:papigani:20190803124506j:plain

Pythonの開発環境Anacondaに含まれるツール「Spyder」の画面
 さて、かつて小職がFortranやPerl、そしてExcel+VisualBasicで開発を行ってきた経験から述べるなら、Pythonは独学向けプログラミング言語として最高にお勧めしたいものの一つなのである。その理由は次の3つ。
1.開発環境の構築に費用が掛からず、かつ特別な知識を要しない。
2.開発環境が複数用意されていて、かつ非常にわかりやすい。
3.人工知能を含む多くのライブラリが使える。
 
1.費用が掛からず簡単
 もし、Pythonを始めるなら必要な開発環境の導入にはAnacondaというソフトウェアを導入するだけで完了する。具体的には下記のサイトからOSに合わせたディストリビューションをインストールするだけである。なお、2019年7月現在のPythonバージョンは3.7がお薦め。
 一般的には開発環境を準備するためには「コンパイラ」と「エディタ」と「デバッガ」という三つのツールを用意する。この3つが同時に導入できる環境を統合環境という。Anacondaはこの三つのツールをそろえたPython開発のための統合環境なのである。ここから先は、Anacondaを中心にしてPythonの開発作業を開始することができる。
 javaやRubyでもある程度簡単に準備できるのかもしれないが、Pythonの場合はネット上に多くの解説が掲載されているのもありがたい。
 
2.開発環境が複数用意されていてわかりやすい。
 Spyderという開発環境は、ローカルPCアプリケーションであるが、Anacondaの中にはJyupyterNotobookというものも用意されている。これを立ち上げると、Webサービス環境でのPythonの開発環境が準備できる。さらに、Jyupyter以外にも開発環境が用意されていて、自分の手元のPCには開発環境がなくてもPythonを使うことができる。Pizaクラウドなどのクラウドサービスがそれである。
 
3.人工知能とのつながり
 Pythonを使うと人工知能の開発も行えるようになる。これはPython本体ではなく、NumPyやPandas、Scikit-learnなどのライブラリを活用することで実現する。ただ、Python言語を話せるようになれば人工知能を即開発できるかというとそうではない。そこには数学的な知識が必要になる。いわゆる統計解析に係る知識が必要である。ここはハードルがぐぐっと上がるのである。なのでこの場ではあまり言及しない。
 
 ではPythonと会話してコンピュータに何をさせるのか。これは大いに悩むべきところにも思える。しかし、悩む必要はない。言語の目的はあくまでも会話なのである。HelloWorldという世界の始まりは「最初に言葉ありき」なのである。
 さて、Pythonである程度会話ができるようになったら、次のことを考えてみるべきだ。
「いったいPythonで何ができるというのだ?」
 
Pythonでなにができるのかはやってみないとわからないのである。
しかし、少なくともデータ解析が容易になるのは事実のようなのである。次回はPythonの子分であるPandasに寄り道しようと思う。

32.令和元年の一級建築学科試験

 いよいよ時代は平成から令和に変わったのである。令和元年という記念すべき一級建築士学科試験を受験してきたのである。全く凝りもせずようやるよねぇ、など言ってはいけない。5回目の受験を迎えた本年は、小職が一級建築士となる輝かしい元年になんとしてでもしたい、と思うのであった。
 
 それにしても、もはや5回目ともなると、受験に関するあらゆることが当然のように進んでいくのであった。いわゆるルーチンワークである。そしてこのブログを読んでくださっている皆さんも毎度の同じ報告にそろそろ飽きてきたのではないか。そう思って今回は新しい出来事だけをお送りしたいと思う。

 

 
1.えっ、受験番号が連番になっていない?
 
 5回も受験した私の経験では、着席場所を探すには受験番号をたどればおおよその当たりをつけることができたのである。しかし、今年はなぜか番号が飛んでいる。それも一桁ではなく2桁の数字で飛んでいるのだ。これは分かりにくい。例えば受験番号が10123であれば10120の3つ後ろの席であると予測できる。ところが、10100のすぐ後ろが10123であったりする。もしかすると、システムの入れ替えがあったのかもしれない。
 
2.「監理者」とは誰でしょう?
 
 最近の一級建築士学科試験の出題傾向はいたって均一であり、さほど大きく変わることはないのである。しかし今回は大きく違う科目があった。それは「施工」である。では何がどう変わったのか。下記の設問文章を読んでみてほしい。
  • 〔No.3〕 材料管理及び品質管理に関する記述において、監理者が一般に行うものとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。
  • 〔No.10〕コンクリート工事に関する記述において、監理者が一般に行うものとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

~において、の後ろはすべて同じなので以下では省略する。

  • 〔No.14〕鉄骨工事に関する記述において~
  • 〔No.15〕木工事に関する記述において~
  • 〔No.17〕石張り工事、タイル工事及び左官工事に関する記述において~
  • 〔No.18〕金属工事及びガラス工事に関する記述において~
  • 〔No.19〕内外装工事に関する記述において~
  • 〔No.20〕設備工事に関する記述において~
  • 〔No.21〕各種工事に関する記述において~
 去年までの設問には以上のような「監理者が一般的に行うものとして」という文はなかったのである。そこで疑問に思うのはこの「監理者」であるが、当然監理技術者ではなく「工事監理者」の事であろうと思う。しかしなぜ唐突に「監理者」が登場するのか不思議なのである。回答するほうは当然意識せざるを得ない。
 そして、実際の設問の内容に目を向けると〔No.11〕では写真が登場している。ビジュアルな設問なのである。写真は「フレッシュコンクリートの現場受け入れ時の品質検査状況」となっている。
 つまり、総合すると「施工」については工事監理者としての立場を説明する設問がより具体的に出題されるようになったといえる。建築士としての業務の中に「工事監理」が増えたためであろうか。ただし、設問の内容をさらに詳しく見ると、空気量や単位水量など、どちらかというと「監理技術者」がチェックするべき項目が多く含まれているように思う。もしかすると、設問の「監理者」とは、工事監理者に限定せず、監理技術者や監督員も含めているのだろうか。いずれ総合資格や日建学院で解説があるかもしれない。
 
3.とっても焦ってしまった
 
 毎度のことなのであるが、問題用紙に回答を書き込んで、あとでまとめてマークシートに記入する。ほとんどの人がこの方法で回答していると思うのだが、今回思わぬ落とし穴にはまってしまった。それは「構造・施工」のマークシートで起きた事件である。この「構造・施工」のマークシートには「構造」と「施工」のマーク記入欄が一枚のシートに並んでいるのである。
 小職は一度回答をマークシートに転記したのちに、時間が余ると見直しをかけて回答を書き直すことがある。「構造・施工」の課目では20分ほど時間が余っていたので「構造」そして「施工」の回答を見直した。そして終了5分前に転記が正しいかを確認しようとしたその時である。シートを見てあることに気づいた。「施工」の書き直しを間違えて「構造」のマークシートに修正していたのである。3問ほど修正した直後だったので、覚えていたのだが、危うくパニックに陥るところであった。修正してしまった箇所を再度記入を戻して、正しいマークを修正したことで、結構時間のロスをしてしまったのである。
 
4.総合資格学院による今年の合格基準点はナント98点(予測値)
 
 試験が終わった直後というのは実に都合よく「今回は合格間違いなし!」と思うものである。もちろんそれは小職とごく一部の方々のことだ。そして、その2時間後には採点結果をみて落ち込むのであった。
 試験終了後に喫茶店に立ち寄り回答を総合資格に送って得た採点結果は「91点」
であった。ご存知と思うが一級建築士学科試験の場合は毎年合格基準点が変わるのである。平均的な合格基準点は90点である。変動幅は大体±4点程度である。従って、今年度91点を獲得できたものの、もし合格基準点が92点であれば不合格となるのである。ちなみに去年の獲得点数は90点であったが基準点が91点であったため不合格となった。
 さて、今年度の合格基準点であるが、総合資格学院によるとなんと98点とでている。もちろん予測値なので多少の誤差があるものの、最大数の受講生を抱える総合資格学院では受講生の点数を回収できるのでかなり精度は高い。つまり、小職は今年度も落選の可能性が極めて高いのであった。
 
5.来年度は学習方法の見直しが必要なのである
 
 これまで小職は過去問学習を中心に繰り返してきた。その結果どうやら点数が伸び悩んでるのである。実は以前も簿記2級の受験で同じように点数が伸び悩んだことがあった。このときの原因は基礎知識の不足だったのである。
 日商簿記の試験では簿記という概念の獲得が主であるものの、実際には現場でのオペレーションに必要な知識の獲得が中心となる。そのため、簿記の実務を行わないで簿記を受験すると、理解できない点が多く残る。例えば伝票を帳簿に転記する際のルールなどは主に簿記三級の範囲であるが、簿記2級では転記のオペレーションやその意味を理解していることが前提となっている。そこで再度簿記3級を学習したうえで受験してやっと簿記2級に合格したのである。
 一級建築士試験も同様のはずなのである。特に施工については、今回「監理者」の観点が求められているように、現場での実務を問う問題があり、それは本来基礎的な現場の知識を持っていることが前提となる。
 以前、総合資格学院の模試を受けた時に、廊下にアンカーやボルトの見本がおいてあり、なるほどと思ったものだ。総合資格学院では「施工」についてはビデオを見せたり実際の部材に触れながら学習するようなのである。であるから、実務経験のない独学者と、資格学校受講生というのは、机上の空論と仮想的実務経験といった獲得知識の違いがあるのだ。
 正直なところ私は設計の経験はあるが、内装設計であるために基礎工事やコンクリート工事は全くの未経験なのである。これまで少しずつでも獲得点数が増えていたため、学習方法に疑問を持たなかったが、やはり基礎からの学習を早めに着手する必要がありそうである。特に、基礎的理解を得られるまでノートへの書き込みが必要になるだろう。
 来年度に向けて、さっそく書き込み用のノートを購入する予定なのである。

シリーズ【独学流一級建築士】番外編「建築法規時間との闘いの克服」

 随分とこのブログを休んでしまったものだ。言い訳はしない。今回思い直してまさにこのシリーズで伝えるべきこと伝えたい。それはこれまで一級建築士試験の得点アップの障害になっていた「建築法規」についてである。
 一度2月で止まってしまったこのブログであるが、この間約5か月、もちろん日々の学習はそれなりにやっているし、模試を既に4回受けている。模試の結果は毎回いまひとつであり90点前後しか取れていない。しかし苦手であった法規はそこそこ点数が取れるようになった。ある意味、法規を克服したといっても大げさではないのである。

 

 では、どうやって法規を克服したのか。もちろん一つには問題のパターンが見えてきたことにある。そして、なんといっても設問の回答手法を変えている。これが大きく影響していると思う。

シリーズ【独学流一級建築士】その3「過去問や模試の使い方」

 今回は、これまで5年間という長きにわたり試行錯誤した資格試験の具体的学習法の中から特におすすめのものを紹介します。

 
1.物理的繰返し学習法(チャコペンを使う)
 
 一級建築士の学科試験の設問は4択問題がほとんどである。これはほかの資格試験でも同様で、建築系に限らず例えば「ビジネス実務法務」や情報処理系の「IPA試験」も基本の設問は4択問題である。そして、これらの四択問題を解く際は多くの人が選択肢に〇×△の書き込みをすると思う。一度書き込みをした問題用紙を再び使おうとするときが問題である。前回の書き込みが残った状態では、その選択肢に対する正誤のアンカリングがもたらされ、そのため思考が遮断されるのだ。そのため以前私は問題用紙をコピーして使ったり、あるいは記号は別な用紙に書いたりといろいろ工夫したのだが、どれも極めて面倒なのである。 続きを読む

【寄り道】プログラミングな独学のすすめ(その1)Pythonに立ち寄る

 このブログは一級建築士資格を取得しようとしている皆さん向けに書かれているのだが、今回はちょっと脇道に逸れるのである。いわゆる寄り道なのだ。

 「不気味の谷」というものがある。おっと、寄り道したとたんに藪から棒なのである。この「不気味の谷」の意味するところは特にロボットのような疑似人間的なものの見た目が人間に似れば似るほど不気味に見えてくるとう奇怪な現象のことを指す。ご存知ソフトバンクのペッパー君は、この不気味の谷を避けるためにアニメキャラクター的な顔立ちをしている。ロボットのデザインというのは、このような心理的な親しみやすさに重きを置くのだと思う。